朝食抜きは太りやすい

朝食を抜くと太る?

朝食は1日の活動力の源とされているので、これから行動をしなければならない朝に比重をおくのがいいと言えます。

朝は食欲がない、時間がないからと抜いてしまう人も多いようですが、朝からしっかりいを動かさないと午前中のエネルギー効率が悪くなり、痩せるチャンスをみすみす逃していると言えます。

頭や体に栄養が行き渡らないので勉強や仕事にも影響が出てしまいます。

私も当時流行っていた朝食抜きダイエットをしたことがありますが、お昼になる前にお腹がすいて仕事に集中できず、さらに困ったことに排泄もうまくいかなくなってしまいました。

朝ごはんを食べる習慣が身についている人にとって、突然朝食べないダイエットを始めると、一日のリズムが狂うので無理があるようです。

それでも慣れるまでの我慢と思い、何日か続けたのですが、やはり午前中の体調不良が気になり、普通に食べるようにしました。

仕事は進むし、家事もどんどんこなすことができるようになり、排泄も元に戻ったので朝食の大切さが身に染みました。

朝食抜きはたしかにカロリーを減らすにはひとつの方法かもしれませんが、効果には元々の生活習慣が大きく影響するので、カロリーを控える目的なら夕食を軽くすることをお勧めします。

夕食は食べた後はエネルギー消費の機会は少なく、私の場合はちょっとした家事とお風呂以外はほとんど体を動かしません。

半身浴の習慣もないので、食べすぎたらそっくりそのまま脂肪になるだけ。

このような人は夕食に気を使うだけで驚くほど簡単に痩せられます。

デメリットとしては少なくしすぎた場合、お腹がすき過ぎで寝つきが悪くなることでしょうか。

食べ過ぎることもなく、寝付きに影響しないちょうどいい量がわかるまでしばらく掛かりますが、慣れてしまえばなんて事ありません。

私の場合はちょっと小腹がすいている状態がベストです、明日の朝何食べようかな~と思いながら寝ています。